ヘアサロンなどの店舗の内装デザインは流行もある

“ヘアサロンの数は非常に増えていますし、サービスの差別化だけではなく、店舗の内装デザインにも注目です。単なる髪型を整えてくれてヘアメンテナンスができるところという意識ではなく、お客さんはそこに癒しやリフレッシュを求めているという事も考えられます。居心地の良い店舗にするためには、内装デザインも工夫することが大事です。

先ずコンセプトを考えていくわけですが、流行もありますし今風のモダンな感じにするのか、ナチュラル系にするのか、またレトロ系にするのかという事を考えていきます。その上で流行を取り入れていく事で新鮮さを手に入れる事も出来ます。しかし流行はうつりかわりもありますし、その時には新しいという印象になったとしても、年月が過ぎてくると古臭くなってしまう事も有りますので、それもある程度加味して考えていく必要も有るでしょう。

大手のフランチャイズ店のヘアサロン場合には、コンセプトもそろえられていますので1から考えるという事はほとんどありません。大体統一したデザインや雰囲気に仕上げられる事が多いです。一方個人店となれば内装デザインは1からつくりあげていくことになりますので、デザイナーや設計士と相談をして自分の好みのものに決める事も可能です。

もちろん内装デザインに関しては、単なるお洒落さや綺麗さを求めるというだけではなく、ヘアサロンとして使うのであれば効率良く仕事が出来るような空間でなければなりません。シャンプー台の位置やその周りのデザインも工夫する事で、一体感も生まれますし人の流れを意識してデザインをしていく事も重要なポイントです。

店舗のデザインはどこでも同じというわけではなく、ヘアサロンの内装デザインに関して経験豊富なデザイナーや設計士がいる業者も有りますので、そういった所で相談する事をお勧めします。また様々なヘアサロンを見て回り、良い所や悪い所を見たうえでそれを取り入れて考えていく事もおすすめです。”

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です